土木学会論文集B2(海岸工学)
論文
若狭湾東部における海洋レーダで得られた流速を用いた日本海西部の領域海洋モデルの再現性
坪野 考樹三角 和弘津旨 大輔
著者情報
ジャーナル 認証あり

73 巻 (2017) 2 号 p. I_1183-I_1188

詳細
PDFをダウンロード (2611K) 発行機関連絡先
抄録

 日本海西部海域に領域海洋モデルを適用し,モデルの再現性確認のために,2010年1月から2月までの海洋レーダで得られた若狭湾東部海域の観測結果との比較を行った.計算結果は,解像できないレーダ各局近傍を除いて,海洋レーダにおける観測結果と比較的高い相関および比較的低いRMSEを持つことが示された.また,両者の主成分を比較した結果,変動の約80%を説明する第一主成分の流速パターンは同様な形状を示した.そして,観測結果の第一主成分を用いた計算結果のスコアは,観測結果を追随していた.この結果より,領域海洋モデルは観測結果に対し,良好な結果が得られることが確認出来た.海洋レーダで得られる若狭湾東部の第一主成分の正負,つまり流れの向きは,湾口部での対馬暖流の流速の大きさにより変化する循環に影響されていることが示された.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top