土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
論文
高精度粒子法を用いた高機能型数値波動水槽の開発
後藤 仁志鈴木 高二朗五十里 洋行有川 太郎Abbas KHAYYER鶴田 修己
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_25-I_30

詳細
抄録

 近年,被災予測や港湾整備・設計のコスト削減に,数値波動水槽が水理模型実験の代替的なツールとして幅広く活用されている.しかし一方で,設計要求の高度化に併せて,境界条件の複雑化や物理モデルの煩雑化・高度化が進み,汎用的かつ高精度な数値波動水槽の整備・普及に一定の遅れが生じ始めている.この問題への対応の足掛かりとして,上記の複雑かつ高度な要件を満たす計算の大枠の提案(パッケージ化)が必須である.本研究では,高精度粒子法をベースに固液混相複雑流を対象とする高機能型粒子法数値波動水槽(parisphere)を開発し,さらに砕波を含む激流下での混相流問題を対象にベンチマークを実施して,流体の物理的挙動やエネルギー保存性の改善,洗掘や剛体などの複合的な現象に対する適用性を示す.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top