土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
和文報告
撫養港海岸保全施設へのフラップゲート式陸閘の適用
小泉 勝彦立脇 和則細川 善広平池 智広安田 将人
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 1-11

詳細
抄録

 撫養港の海岸保全施設の改良に際して採用されたフラップゲート式陸閘は,フラップゲート式可動防波堤の研究で確立された基礎技術を基に,陸上設置に伴い様々な課題を克服して実用化された新しい形式の陸閘であり,津波・高潮時に浸水時の浮力を利用し,無動力・人為操作無しに扉体が旋回起立・倒伏するものである.本報告では,撫養港へのフラップゲート式陸閘の適用性検討に基づく設計と維持管理に関する基本的な考え方を示す.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top