土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
新潟県上下浜海岸におけるカスプ地形の生成要因に関する研究
犬飼 直之塚田 佳樹山本 浩
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 2 号 p. I_1405-I_1410

詳細
抄録

 平成26年5月に新潟県上越市の上下浜海岸において,砂浜を遡上する波浪で5名が死亡する事故が発生した.既往研究により,事故当時の遡上波浪の挙動を現地調査や数値計算により把握し,同様な事故が発生する可能性がある波浪条件などを把握した.本研究では,過去10年間の天気図と波浪情報から,同様な波浪条件となる天気図を抽出し,同様な事故が発生する可能性がある天気図パターンを把握した.また,上下浜では波長が45mよりも小さいカスプ地形が生成している.遡上波浪はカスプ地形の窪地に集中することで,遡上時の流速や水厚が増大し,事故発生の可能性が増大する恐れがあるが,このカスプ地形がどのような波浪条件などで生成されるかは検討されていなかった.そこで.本研究では,上下浜のカスプ地形が生成される波浪や地形条件を把握した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top