海の研究
Online ISSN : 2186-3105
Print ISSN : 0916-8362
ISSN-L : 0916-8362
総説
気候変動が水産資源の変動に与える影響を理解する上での問題点と今後の展望
伊藤 進一船本 鉄一郎志田 修上村 泰洋髙橋 素光白井 厚太朗樋口 富彦小松 幸生横井 孝暁坂本 達也郭 晨颖石村 豊穂
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 1 号 p. 59-73

詳細
抄録

気候変動が水産資源の変動に与える影響を理解するために,これまで様々な研究が行われてきた。しかし,水産資源生物の生残にとって最も重要と考えられる仔稚魚期に,水産資源生物が実際に経験した環境を観測できないことが,1つの問題となってきた。本稿では,これまで行われてきた研究の概要をまとめるとともに,気候変動に対する水産資源の応答を調べる方法として,仔稚魚の耳石日周輪幅による成長履歴の推定,耳石酸素安定同位体比分析および魚類成長-回遊モデルの融合による経験環境と回遊経路の推定を組み合わせた新たな解析方法を提案する。

著者関連情報
© 2018 日本海洋学会
前の記事
feedback
Top