海の研究
Online ISSN : 2186-3105
Print ISSN : 0916-8362
ISSN-L : 0916-8362
総説
海洋学の10 年展望2021:新たな手法と問題
平井 惇也 宮 正樹藤木 徹一吉田 聡乙坂 重嘉帰山 秀樹加古 真一郎片岡 智哉松岡 大祐日高 弥子杉山 大祐小嶌 不二夫
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 30 巻 5 号 p. 227-253

詳細
抄録

観測や分析技術の革新は海洋学を大いに発展させてきたが,同時に海洋環境汚染など人間活動に伴う新たな問題も浮き彫りにしてきた。本稿では,今後10 年の海洋学の発展に関わる新たな手法として,環境DNA,BGC Argo,バイオロギングに着目した。また,2011 年の東北地方太平洋沖地震以降の継続した問題である海洋放射能,ならびに近年急速に注目を集める海洋プラスチックを,新たな問題として取り上げた。各節ではそれぞれの研究や問題の現状を論じるとともに,次の10 年に向けての展望や課題について議論した。

著者関連情報
© 日本海洋学会, 2021年
前の記事
feedback
Top