化学工学論文集
Online ISSN : 1349-9203
Print ISSN : 0386-216X
ISSN-L : 0386-216X
生物化学工学,食品工学,医用工学
マイクロバブルによる殺菌効果の基礎研究
柘植 秀樹李 攀島谷 直孝島村 有紀中田 英夫大平 美智男
著者情報
ジャーナル 認証あり

2009 年 35 巻 5 号 p. 548-552

詳細
抄録

マイクロバブルに物理的な衝撃を与えると,水中で急激に収縮し,圧壊を起こす.この圧壊により発生した衝撃波またはOHフリーラジカルが細菌の細胞壁を破壊し,殺菌効果を示すと考えられている.一方,オゾンは強い酸化力があり,ウイルスの不活性化,殺菌に用いられている.マイクロバブルの特性とオゾンの殺菌性を組み合わせた,オゾンマイクロバブルについては殺菌への応用が期待されているが,その効果については必ずしも明らかにされていない.
本研究では枯草菌芽胞に対するオゾンマイクロバブルの殺菌効果に及ぼすポンプ出口圧力,経時時間,供給オゾン濃度,溶存オゾン濃度,供給オゾン量,マイクロバブル発生方法などの操作因子の影響を明らかにすることを目的とした.その結果,オゾンをマイクロバブル化することにより,少量のオゾンで高い殺菌効果を示す実験結果が得られた.

著者関連情報
© 2009 公益社団法人 化学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top