化学工学論文集
Online ISSN : 1349-9203
Print ISSN : 0386-216X
エネルギー
熱化学水素製造法ISプロセス高温硫酸液相環境におけるグラスライニング材の適用性確認試験
岩月 仁田中 伸幸渡辺 豊寺田 敦彦小貫 薫
著者情報
ジャーナル 認証あり

2010 年 36 巻 4 号 p. 413-419

詳細
抄録

熱化学水素製造法ISプロセスでは,腐食性の強い硫酸やヨウ化水素酸を高温高圧の環境で取り扱うため,装置材料の選定が重要な課題である.グラスライニング材は,構造強度を有する鋼と耐食性に優れるガラスを組み合わせた有望な候補材料であるが,その適用限界は使用環境条件により左右される.そこでISプロセスの高温硫酸液相環境に対するグラスライニング材の適用性検証を目的として,耐食性を確認するための被覆ガラスを用いた腐食試験と,耐熱性を確認するためのグラスライニング配管を用いた加熱試験を実施した.その結果,グラスライニング材は,十分な耐食性と耐熱性を有する基本的適性があることがわかった.

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 化学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top