化学工学論文集
Online ISSN : 1349-9203
Print ISSN : 0386-216X
粉粒体工学
乾式造粒法による等方性結晶を持つ球形黒鉛材料の合成
岡崎 精二濱井 健太坂本 明男荻 崇奥山 喜久夫
著者情報
ジャーナル 認証あり

40 巻 (2014) 3 号 p. 234-239

詳細
PDFをダウンロード (3393K) 発行機関連絡先
抄録

太陽光発電用シリコンウエハーの製造に用いるるつぼ材などの特殊炭素材料やリチウム電池用の負極材料など,さまざまな分野で使用されている炭素材料は,強度や導電性が優れており,2,000°Cを超える非酸化性雰囲気での強度部材として,唯一選択しうる材料である.また,特殊炭素材料の分野では,成形体にしたときの各特性の方向依存がない,等方性の特徴を持つ炭素材が求められている.本研究では,石油系の生コークス原料に着目し,乾式造粒技術を用いることで炭素材料の球形化について検討した.その結果,高温での黒鉛化処理を行っても球形粒子形状を維持し,等方性結晶の特性を持つ球形黒鉛粉末が得られた.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 化学工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top