化学工学論文集
Online ISSN : 1349-9203
Print ISSN : 0386-216X
ISSN-L : 0386-216X
プロセスシステム工学,安全
農林業地域における産業共生の計画プロセスのアクティビティモデルとデータモデル
兼松 祐一郎大久保 達也菊池 康紀
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 43 巻 5 号 p. 347-357

詳細
抄録

近接した複数の産業間で廃棄物・副産物や未利用エネルギーを融通し,廃棄物低減や資源利用効率向上を目指す産業共生の取り組みは,工業地域を中心に発展してきたが,農林業地域への展開により農林業や関連産業への効果が期待できる.しかし,産業共生の計画的な推進についての方法論は体系化されていない.本研究では,農林業地域での産業共生を対象として,新たに計画プロセスを提案する.化学プロセス設計にアクティビティモデルを適用した既往事例を基礎として,工業地域型・農林業地域型の産業共生の計画との違いや課題を整理し,農林業地域における産業共生の計画プロセスを表すアクティビティモデルを構築した.また,この計画プロセス中で行われる,産業共生にともなう物質・エネルギーフロー変化のシミュレーションに焦点を当てて,そのデータ処理に関するデータモデルを構築した.これらのモデルに対して,既往の農林業地域における産業共生の計画事例との整合性を検証し,既往の計画における作業と情報の流れとデータ構造が表現できていることを確認した.これらのようなモデリングを通して,異なる地域や業種を対象とした産業共生の共通点と相違点を明確化していくことで,多地域,多業種への展開が可能となると考えられる.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人化学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top