化学工学論文集
Online ISSN : 1349-9203
Print ISSN : 0386-216X
ISSN-L : 0386-216X
[特集]SDGsの達成に向けた環境化学工学の役割
零度以下環境における水素吸蔵合金ヒートポンプの平衡圧力と温度上昇の関係
大石 義彦 北林 真河合 秀樹吉田 静男
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 47 巻 6 号 p. 200-205

詳細
抄録

零度以下の環境で稼働する水素吸蔵合金を用いてヒートポンプシステムを構築し,平衡水素圧力から温度上昇を推定する方法を見出すことを目的とした.本報では,熱駆動式の水素吸蔵合金ヒートポンプを用いて空焚きおよび水加熱の昇温実験を行った.その結果,ヒートポンプの運転過程において,貯蔵水素圧力と温度上昇の2つの状態量が高い相関関係であることがわかった.温度上昇にともない平衡水素圧–合金組成–等温線図が変化する合金の性質によらず,水素圧力の変化の状態量の反応のみで温度上昇の実験値を基に予測式を作成できることを示した.また,水の加熱実験において,合金格納容器周りに水を入れたことにより水素吸蔵合金が冷却され,水素を吸蔵するための容量が保たれたことにより空焚き状態と比べて発熱量が大きくなった.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人化学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top