化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ISSN-L : 0386-2151
NMR 診断(話題を探る)
荒木 力
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

1992 年 40 巻 8 号 p. 522-526

詳細
抄録

NMR(核磁気共鳴)を利用した診断法にMRI(磁気共鳴イメージング)とMRS(磁気共鳴スペクトロスコピー)がある。MRIはすでにルーチンの画像診断法として各病院で使用されており, 脳・脊髄, 子宮などでは不可欠の診断法となり, 他の領域でも有用な情報を与えている。またMRI装置を利用した^<31>Pや^1Hのin vivoスペクトロスコピーも診断研究に利用されつつある。本稿は, MRIとMRSの原理と方法および実際の画像とスペクトラムについて概説する。

著者関連情報
© 1992 公益社団法人 日本化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top