化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ISSN-L : 0386-2151
指紋と化学(<特集>犯罪捜査に利用される化学)
鈴木 真一
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

1996 年 44 巻 8 号 p. 518-522

詳細
抄録

指紋は個人識別に決定的な結果を与える極めて重要な物件であり, その科学的研究は100余年の歴史を有する。また最近では, 種々の化学物質や特殊な波長を有する光を用いた高度な潜在指紋(紙などに付着した白色光下では観察不可能な指紋)の顕在化についての研究や, 電子計算機を用いた検索の高速化, 自動化が進められている。本報では化学的潜在指紋の検出法を中心に, 化学的指紋研究の歴史や現在の指紋研究を概括する。

著者関連情報
© 1996 公益社団法人 日本化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top