化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ISSN-L : 0386-2151
初等・中等化学(理科)教育を支える教員をどのように育てればよいのか : 教員養成大学・学部の苦悩(ヘッドライン:初等・中等化学(理科)教育を考える-教員養成の現場から)
有賀 正裕
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

2004 年 52 巻 10 号 p. 656-657

詳細
抄録

従来,化学教育を考える場合の多くは高等学校の化学教育から考えていても良かった。しかし,今は小学校,中学校の理科教育を理解しなければ,高等学校化学を語ることはできない。そして,その小学校,中学校の教育を担っている教員養成の現場を知る必要がある。教育界から望まれているのは即戦力である。しかしながら,本当に自然科学的な思考力を身に付けさせることができる教員を生み出すにはどうすれば良いか,初等中等教育の中で理科を担当する教員の養成は如何にあるべきか。本へッドラインでは,教員養成現場の多方面から初等中等理科教育を考える。

著者関連情報
© 2004 公益社団法人 日本化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top