化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
理科だからこそ言語活動!(ヘッドライン:化学教育と科学的表現)
西川 純
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

2015 年 63 巻 9 号 p. 432-435

詳細
抄録

理科は実験方法の検討,実験結果の予想で子どもたちが話し合う場面が多い。また,実験・観察では子どもたちが主体的に学習している。本稿では,『学び合い』という授業によって,理科が国語,英語より優れた言語学習の場になることを紹介する。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top