日本東洋医学雑誌
臨床報告
漢方薬が奏効した脂漏性皮膚炎の5症例
桜井 みち代石川 由香子大塚 吉則八重樫 稔宮坂 史路今井 純生本間 行彦
著者情報
ジャーナル フリー

60 巻 (2009) 2 号 p. 155-159

詳細
PDFをダウンロード (1283K) 発行機関連絡先
抄録

漢方治療をおこなって著効を得た脂漏性皮膚炎の5症例を経験した。うち3例は1ないし2年前から,顔面に皮疹がみられ,ステロイド剤やケトコナゾール外用剤による治療をうけていたが効果なく,十味敗毒湯により数カ月でほぼ完治した。他の2例はそれぞれ10年と25年前から被髪頭部に皮疹が続いていたが,荊芥連翹湯,麻杏よく甘湯,抑肝散加陳皮半夏の合方で,それぞれ2カ月後と8カ月後に著しく改善した。

著者関連情報
© 2009 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top