日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
臨床報告
小児インフルエンザ感染症に対する麻黄湯の有効性
山内 智彦菅野 晶夫市村 恵一
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 62 巻 4 号 p. 556-558

詳細
抄録

小児インフルエンザ感染症における麻黄湯の呼吸器合併症に対する効果について検討した。呼吸器系に作用する薬の使用例は,抗ウイルス薬群166例中64例(39%),麻黄湯群80例中12例(15%)と,麻黄湯群で有意に少なかった(P ⟨ 0.01)。しかし,呼吸器合併症に対する追加治療を行った症例は,抗ウイルス薬群166例中34例(21%),麻黄湯群80例中9例(11%)で,明らかな差を認めなかった(P = 0.07)。追加治療例は,気管支喘息の既往のない例においては,抗ウイルス薬群107例中19例(18%),麻黄湯群67例中4例(6%)と有意差を認めたが(P = 0.045),気管支喘息の既往のある10歳未満の例については,抗ウイルス薬群57例中15例(26%),麻黄湯群5例中4例(80%)であり,症例数は少ないが,後者が有意に多く(P = 0.047),今後注意を要する。

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top