日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
東洋医学の広場
並河天民の師―有馬凉及について
松岡 尚則栗林 秀樹別府 正志山口 秀敏中田 英之阿南 多美恵笛木 司頼 建守板倉 英俊田中 耕一郎河野 吉成植松 海雲奈良 和彦芹澤 敬子岡田 研吉岩井 祐泉牧角 和宏三浦 於菟並木 隆雄秋葉 哲生
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 63 巻 6 号 p. 417-427

詳細
抄録

並河天民は『傷寒論』を重要視し,その弟子たちに張仲景方の重要性を唱えていた。天民の師のひとりである有馬凉及は,まだ古方が流布する前の時代に,天皇に対し衆議を経ずに“承気湯”を奉じていた。承気湯は張仲景の医書に由来する処方である。松原一閑斎の弟子である合田求吾の『医道聞書』に「此古方ノ起リハ有馬良牛ト云者天下ノ英雄ニテ後西院ノ違勅ヲ蒙リシ程ノ人ナリ。ソレヨリ天民ニ伝ヘラレタリ。」とあることから有馬凉及は並河天民に『傷寒論』を重要視させた師の一人であることが判明した。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事
feedback
Top