日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
ISSN-L : 0287-4857
臨床報告
補中益気湯の投与により気胸が軽快したと思われる1症例
盛岡 頼子佐藤 弘
著者情報
キーワード: 気胸, 補中益気湯, 漢方治療
ジャーナル フリー

2013 年 64 巻 5 号 p. 265-268

詳細
抄録

経過観察中の気胸患者に,易疲労を目標として補中益気湯を投与したところ,一時的に気胸の改善が認められた症例を経験したため報告する。
症例は56歳女性。X-3年に右気胸を指摘され,安静治療を行ったが完治せず,経過観察されていた。X 年5月,疲労により気胸が悪化する傾向にあったため,易疲労改善のために補中益気湯エキスを投与したところ,5日後の胸部X 線にて気胸の改善を認めた。しかし,その後再び悪化し,11月に内視鏡的手術が行われた。
気胸は一般的に漢方治療の適応にはならず,症例報告もみられない。今回,一時的ではあるが,補中益気湯により気胸が改善した可能性が推測され,貴重な症例と思われる。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top