日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
臨床報告
原発開放隅角緑内障に対する漢方治療の有用性
—眼科漢方30年の経験から—
山本 昇吾藤東 祥子
著者情報
ジャーナル フリー

66 巻 (2015) 1 号 p. 13-21

詳細
PDFをダウンロード (486K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】原発開放隅角緑内障に対して,標準的治療を基本にして長期にわたり漢方治療を行った症例を呈示し,緑内障治療における漢方の意義について考察する。
【症例】症例1は,男性で初診時17歳の原発開放隅角緑内障症例である。34年間で3度手術を行ったが,漢方治療を継続しながら経過を観察し得た症例である。症例2は,女性で初診時56歳,初診より約30年前に原発開放隅角緑内障と診断されたが,その後希望により漢方治療を19年間継続している症例である。いずれも失明状態になることが危惧されていたが,漢方治療を継続することにより視機能を維持し,眼圧もコントロールすることができた。症例3は,女性で初診時23歳,漢方内服中に眼圧は正常範囲に低下し,内服中止により眼圧上昇を示した。
【考察】原発開放隅角緑内障における眼圧上昇に対して有効な特定の処方名は挙げられないが,少しでも有効な漢方方剤はある。また,漢方を継続的に服用することは視機能維持にも有効である可能性がある。
【結語】漢方薬は原発開放隅角緑内障の眼圧低下及び視機能維持の補助的治療に用いて有効である。

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top