J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本東洋医学雑誌
Vol. 66 (2015) No. 3 p. 197-202

記事言語:

http://doi.org/10.3937/kampomed.66.197

原著

甘草による偽アルドステロン症の頻度については十分にわかっていない。われわれは甘草の1日量と偽アルドステロン症の頻度の関係について,過去の臨床研究を調査した。甘草を1日1g 使用した患者での偽アルドステロン症の頻度は1.0%(平均)であった。1日2g,4g,6g での頻度はそれぞれ1.7%(平均),3.3%,11.1%(平均)であった。過去の文献において,偽アルドステロン症発症頻度の用量依存的な傾向が示唆された。

Copyright © 2015 一般社団法人 日本東洋医学会

記事ツール

この記事を共有