日本東洋医学雑誌
原著
漢方専門外来の長期間通院患者における特発性腸間膜静脈硬化症罹患者に関する検討
渡辺 哲郎永田 豊福田 秀彦長坂 和彦
著者情報
ジャーナル フリー

67 巻 (2016) 3 号 p. 230-243

詳細
PDFをダウンロード (2105K) 発行機関連絡先
抄録

特発性腸間膜静脈硬化症(idiopathic mesenteric phlebosclerosis, IMP)は,腸間膜静脈壁硬化に起因した還流障害による慢性虚血性腸病変で,右半結腸を主体に,青銅色調の粘膜変化,腹部単純X 線撮影検査や腹部CT 検査での腸管や腸管周囲静脈の石灰化を特徴とする。近年漢方薬長期投与中のIMP 発症例を散見するが,漢方診療を専門に行う外来での実態は明らかではない。今回,諏訪中央病院東洋医学センターを5年以上通院する患者を対象としてIMP 罹患の有無を検索したところ,対象257名中2名(0.8%)で認めた。いずれも山梔子を含む方剤を長期服薬し,一例は急性腹症で緊急手術が施行され,一例は無症状であった。発症機序は不明な疾患であるが,長期に漢方治療を受ける患者,特に山梔子服薬患者においては,その存在を念頭におき,無症状例であっても積極的な画像検索を行う必要があろう。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top