日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
軽うつ病30例に対する加味帰脾湯投与の効果
中田 輝夫
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 48 巻 2 号 p. 205-210

詳細
抄録

主として中高年の, HRS得点で30点以下の軽うつ病の患者30例に対して, 加味帰脾湯の投与を試みたところ, 30例中76.6%が平均3.5週間の観察でやや有効以上の成績を得た。症例は虚証で, 自殺企図がない症例に限定し, 不眠, 不安, 食欲不振等の症状のある例にはその緩和のために Benzodiazepine 系の抗不安薬および十全大補湯の併用という条件であったが, 加味帰脾湯は有効であると考えられた。

著者関連情報
© 社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top