日本東洋医学雑誌
Online ISSN : 1882-756X
Print ISSN : 0287-4857
葛根の研究 (II)-採集時期と含有成分の多寡-
御影 雅幸松村 光重高橋 志保子
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 53 巻 5 号 p. 503-507

詳細
抄録

前報で, マメ科の Pueraria 属植物の根を基源とする漢方生薬「葛根」は初夏に採集すべきであることを考証し, 報告した。本報では初夏と冬期に採集した葛根の化学的品質の相違について検討した。その結果, 水製エキス含量は冬期に高い傾向があったが, フラボノイドの puerarin や daidzin, またデンプン含量には初夏と冬期に顕著な変化が見られなかった。なおデンプン含量は株により大きく異なったが, 同一株においては冬期と夏期で顕著な差はなかった。

著者関連情報
© 社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top