感染症学雑誌
Online ISSN : 1884-569X
Print ISSN : 0387-5911
伊豆諸島・利島 (としま) におけるつつが虫病の初報告例および第2例
長坂 昌一郎今川 八束村田 道里
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 65 巻 5 号 p. 591-596

詳細
抄録

伊豆諸島では古くから「七島熱」と呼ばれるつつが虫病の流行が知られ, これまでに大島, 新島, 式根島, 神津島, 三宅島, 御蔵島, および八丈島で患者が確認されているが, 流行区域内の利島では報告がなかった. 今回我々は利島において, 1988年12月, ついで1989年12月にあいついでつつが虫病の症例を経験したので報告する.
第1例は73歳男性, 第2例は83歳女性で, 両症例とも, 発熱, 発疹, 刺し口の主要症候を認めたが, リンパ節腫脹, 肝脾腫は認めなかった. 治療はテトラサイクリン系抗生物質の投与をおこない, 両症例とも速やかに解熱し, 発疹も徐々に消腿した. 血清学的には間接免疫蛍光法により, IgG抗体はKarp, Gilliam, Katoの各標準株に対して上昇し, IgM抗体はGilliam株にのみ上昇を認め, Gilliamないしその類縁株による感染が強く疑われた.

著者関連情報
© 日本感染症学会
前の記事 次の記事
feedback
Top