感染症学雑誌
Online ISSN : 1884-569X
Print ISSN : 0387-5911
静岡県浜松市における過去7年間のつつが虫病
低ナトリウム血症に関する検討も含めて
志智 大介谷澤 朋美本田 勝亮
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 82 巻 4 号 p. 335-340

詳細
抄録

2001年から2007年までの7年間において静岡県浜松市保健所へのつつが虫病の届出数は6件あった. 内5件について診療録上の考察を行った. 血清抗体価検査上, 4例でもっとも優位に上昇した株はGilliam株だったが, Kawasaki株まで調べた1例ではKawasaki株がもっとも優勢だった. 臨床症状では, 発熱, 発疹, 頭痛, 比較的徐脈を高率にみとめた. 臨床検査では3例に異型リンパ球出現, 全例に好酸球消失を認めた. 4例 (80%) に低ナトリウム血症を認めた. 1例は不適切ADH分泌症候群が疑われた. 全例がminocycline投与で36時間以内に迅速に解熱した.

著者関連情報
© 日本感染症学会
前の記事 次の記事
feedback
Top