J-STAGE Home  >  Publications - Top  > Bibliographic Information

The Annual Review of Sociology
Vol. 2008 (2008) No. 21 P 25-36

Language:

http://doi.org/10.5690/kantoh.2008.25

  • Baudrillard, Jean. 1970 La Société de Consommation, Ses Mythes Ses Structures, Gallimard. 今村仁司・塚原 史(訳)『消費社会の神話と構造』紀伊国屋書店1995.
  • Berger, Peter L. 1967 The Sacred Canopy Elements of a Sociological Theory of Religion, Dobleday & Co. N.Y. 薗田 稔(訳)1979『聖なる天蓋』新曜社.
  • Girard , René 1972 La violence et le sacré, Éditions Bernard Grasset: Paris. 古田幸男(訳)『暴力と聖なるもの』法政大学出版局1982.
  • 芳賀学・弓山達也 1993『祈る ふれあう 感じる―自分探しのオデッセー』IPC.
  • 橋迫瑞穂 2007「『聖』なるものへの『橋』―ホイジンガとカイヨワによる『遊び』概念の再検討」『ソシオロゴス31号』ソシオロゴス編集委員会.
  • 磯村太郎 2007『〈スピリチュアル〉はなぜ流行るのか』PHP研究所.
  • 伊藤雅之・樫尾直樹・弓山達也他 2004『スピリチュアリティの社会学―現代世界の宗教性の探求』世界思想社.
  • 樫尾直樹 編 2002『スピリチュアリティを生きる―新しい絆を求めて』せりか書房.
  • 加藤秀俊 1988『余暇の社会学』PHP研究所.
  • 香山リカ 2006『スピリチュアルにハマる人、ハマらない人』幻冬舎.
  • 大谷栄一 2002「つながりに気づきつながりを築く―ガイアネットワーク新宿の試み」樫尾直樹編2002前掲書pp.120-136.
  • 桜井 厚 2002『インタビューの社会学―ライフストーリーの聞き方』せりか書房.
  • 島薗 進 1996「聖の商業化―宗教的奉仕と贈与の変容」島薗 進・石井研士編『消費される〈宗教〉』春秋社pp.88-110.
  • 島薗 進 2001『ポストモダンの新宗教―現代日本の精神世界の底流』岩波書店.
  • 島薗 進 2007『スピリチュアリティとその興隆―新霊性文化とその周辺』岩波書店.
Copyright © 2008 The Kantoh Sociological Society

Article Tools

Share this Article