J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

肝臓
Vol. 46 (2005) No. 5 P 262-269

記事言語:

http://doi.org/10.2957/kanzo.46.262

症例報告

症例は59歳, 男性. B型非代償性肝硬変で, S3に25mm, S5に10mm, S6に8mmの肝細胞癌 (stage III) を合併していた. 肝予備能不良のため肝癌の根治的治療は困難と考えられたため, まずLamivudine 100mgを投与した. Child-Pugh B9点からB7点まで肝機能が改善し, 肝細胞癌に対してablationを施行した. HBV DNAは陰性化したが, Lamivudine投与15カ月後にYVDD変異株が出現した. 18カ月後に, HBV DNAが再陽性しALT上昇を認めたため, Adefovir 10mgを追加し, 肝予備能の悪化は認めていない. Adefovir内服3カ月でHBV DNAは再びPCR法で検出感度以下となった. Lamivudine投与後2.5年を経過しているが, 肝細胞癌に対する治療反復が可能であった.

Copyright © 2005 一般社団法人 日本肝臓学会

記事ツール

この記事を共有