J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

肝臓
Vol. 47 (2006) No. 3 P 129-133

記事言語:

http://doi.org/10.2957/kanzo.47.129

症例報告

C型慢性肝炎の70歳男性. 13年前インターフェロン (以下IFN) の治療歴あり. 今回Peg-IFN/ribavirin療法目的に入院. 治療開始7週目から不随意運動と筋緊張低下が出現した. 不随意運動は右下肢に限局し, 座位で内旋と外旋を繰り返す舞踏病様運動であった. 頭部MRI検査では異常を認めなかった. 治療中止5カ月後に症状は消退した. IFN治療で舞踏病様運動を呈する症例は稀であるが, 留意すべきである.

Copyright © 2006 一般社団法人 日本肝臓学会

記事ツール

この記事を共有