J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

肝臓
Vol. 49 (2008) No. 9 P 417-425

記事言語:

http://doi.org/10.2957/kanzo.49.417

原著

C型慢性肝炎の抗ウイルス療法は,ペグインターフェロンとリバビリン併用療法が主流であるが,リバビリンの副作用のため併用療法困難な症例ではペグインターフェロンα-2a(PEG-IFN)単独療法も考慮される.今回我々は,PEG-IFN単独療法の治療効果とSustained virological response(SVR)予測因子について検討を行った.PEG-IFN単独療法を行った84例のうち,SVRは56例(ITT解析,66.7%)であった.治療前のSVR予測因子は,若年例(p=0.0464),肝線維化が軽度の症例であり(p=0.0002),治療後の因子は,治療開始後4週以内のHCV RNA定性陰性化を来たすRapid virological response(RVR)(p<0.0001)であった.多変量解析では,RVRがSVR予測因子であった(オッズ比:17.2, p=0.0001).また,セロタイプ1型では,治療前HCV RNA量が400 KIU/ml未満(p=0.037),セロタイプ2型では500 KIU/ml未満(p=0.047)であればSVRを来たす可能性が高く,PEG-IFN単独療法のよい適応であると考えられた.

Copyright © 2008 一般社団法人 日本肝臓学会

記事ツール

この記事を共有