肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
ISSN-L : 0451-4203
症例報告
乳び腹水に対してオクトレオチド投与が有効であった子宮頸癌,肝細胞癌合併C型肝硬変の1例
齊藤 博美城下 智吉澤 要藤森 芳史丸山 康弘伊藤 哲也児玉 亮横沢 秀一小松 通治梅村 武司田中 榮司
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 54 巻 4 号 p. 284-290

詳細
抄録

症例は77歳,女性.60歳時にC型慢性肝炎と診断された.69歳時に子宮頸癌を合併し,放射線療法にて加療された.70歳時より肝細胞癌を合併し,ラジオ波焼灼,エタノール注入,肝動脈化学塞栓療法にて計9回加療されたが完治せず,74歳時に子宮頸癌肺転移を認めたため,支持緩和療法中であった.腹部膨満感が増悪し当科へ入院した.腹水は乳び様であり,腹水中のTGが506 mg/dlであったことから乳び腹水と診断した.脂肪制限食に加え,オクトレオチドの持続皮下注療法を開始した.腹部膨満感は徐々に軽減し,腹水検査では黄色透明の腹水が採取されるまで回復した.計2回のオクトレオチド治療を行い,腹部膨満感はほぼ消失したので第44病日に転院した.乳び腹水は,低栄養の進行など全身状態が増悪する可能性があるため適切な治療が必要である.本症例ではオクトレオチドによる保存的治療が有効であった.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本肝臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top