肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
ISSN-L : 0451-4203
肝細胞核の蛋白合成-核膜画分における14C-leucineのとりこみについて-
小野 弘子小野 哲和田 攻
著者情報
ジャーナル フリー

1975 年 16 巻 6 号 p. 328-331

詳細
抄録

ラット肝より調製した核膜画分は14C-leucineをその蛋白画分にとりこむ.14CC-leucineのとりこみは2時間迄直線的に進み,その至適pHは6.0~6.5とやや酸性側にある.また50~400μgの間では,14C-leucineは反応溶液中に含まれる核膜画分の量に比例してとりこまれる.核膜画分にミトコンドリアが混在し,混在しているミトコンドリアによる14CC-leucineのとりこみを測定している可能性も考えられたが,その可能性は種々の点から否定された.

著者関連情報
© 社団法人 日本肝臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top