肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
発熱を主訴としたクロレラ製剤による薬物性肝障害の1例
内田 靖雫 稔弘山本 俊赤木 収二渡辺 誠木下 芳一
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 40 巻 5 号 p. 322-326

詳細
抄録

症例は74歳男性, 無職. 平成6年11月23日, 発熱と肝機能異常にて当院内科に入院. 原因は特定されず約2週間後に自然に解熱し, 退院となった. 平成7年3月中旬から再び同症状が出現したため, 4月5日再入院. 38℃台の発熱が持続したが, 検査所見ではCRP強陽性, 中等度の肝機能異常を認める以外に著変なく, 肝炎ウイルスおよび他のウイルスマーカーも全て陰性であった. この際初めて, 平成6年9月から初回入院迄, および退院後から再入院迄, 健康食品であるクロレラ製剤の服用が明らかとなった. そのため同製剤の服用中止にて経過観察し, 解熱および肝機能の改善が認められた. 同製剤に対するリンパ球刺激試験は陽性であり, 臨床経過から偶然の再投与による肝機能障害と考えられた. 以上から, クロレラ製剤による薬物性肝障害と診断した. 解熱後施行した腹腔鏡検査所見および肝組織像も薬物性肝障害に矛盾しないものであった.

著者関連情報
© 社団法人 日本肝臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top