肝臓
Online ISSN : 1881-3593
Print ISSN : 0451-4203
中国産ダイエット用健康食品「茶素減肥」による急性肝障害の1例
塙 直子永山 亮造高森 頼雪栗原 裕子高柳 もとえ立澤 英貴滝川 一福島 純一福里 利夫志賀 淳冶
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 44 巻 3 号 p. 109-112

詳細
抄録

中国製ダイエット用健康食品「茶素減肥」による急性肝障害の1例を経験した. 症例は55歳女性. 2002年6月26日より中国製ダイエット用健康食品「茶素減肥」を使用し6日目から全身倦怠感が出現したため当院入院となった. 入院時検査では, 好酸球数, トランスアミナーゼ, 胆道系酵素の上昇を示し, 健康食品による急性肝障害と診断した. 肝組織では門脈域に強い炎症細胞浸潤がみられ, とくに好酸球の浸潤が目立った. 健康食品の使用中止のみで肝障害は改善した. 本症例の肝障害にはアレルギーが関与していると考えられた.

著者関連情報
© 社団法人 日本肝臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top