日本火災学会論文集
Online ISSN : 1883-5600
Print ISSN : 0546-0794
ISSN-L : 0546-0794
論文
消防隊員の労働安全を向上させるための呼吸循環代謝指標に基づく身体管理手法の提案
岡 泰資小川 真司真下 大志伊藤 悠史栗山 幸久
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 68 巻 2 号 p. 35-43

詳細
抄録

高負荷活動従事者自身の主観的な判断に,疲労蓄積状態を示す科学的かつ客観的な情報に基づく判断を付加できれば,労務災害発生の未然防止に役立つと考えられる。

本研究では,活動中の隊員から非侵襲的に取得出来る心電位データを周波数解析することで得られる新規指標をもとに,換気性作業閾値を越えるか否かの判断から活動継続注意を,さらに嫌気性代謝が優位な過負荷活動状態を検出すれば活動継続中止を警告することで,効率的できめ細やかな交代あるいは休憩を含めた長期的な消防活動の展開を可能にする手法を提案した。

著者関連情報
© 2018 日本火災学会
次の記事
feedback
Top