一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
(一社)日本家政学会第54回大会
会議情報
寝具による発塵とダニアレルゲンの関連性
栗山 恵都子田中 辰明
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 361

詳細
抄録

睡眠行動での臥床動作時に舞い上がる粉塵中には、ダニアレルゲンが多く含まれていると考えられる。本研究は、寝具素材によるダニアレルゲン量の違いを明らかにし、睡眠動作時に布団から発生する浮遊粉塵とダニアレルゲンの関係を考察したものである。まず素材の異なる寝具表面のダニアレルゲンDerI、DerII量を調査すると同時に、睡眠時の粉塵濃度変化の測定を試みた。続いて寝具による発塵実験を行い、空気中のダニアレルゲンを定量した。その結果、綿素材、そば殻のDerII濃度が高く、DerIは綿素材から検出された。浮遊粉塵濃度は睡眠中でも常時変動し、また、粉塵中にはダニアレルゲンが含まれるというデータが得られ、睡眠中にダニアレルゲンに曝露する危険性があることが明らかになった。

著者関連情報
© 2002 一般社団法人 日本家政学会
前の記事 次の記事
feedback
Top