一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
68回大会(2016)
セッションID: 2H-05
会議情報

口頭発表 5月28日 被服
髪型とキャラクター設定の関係性 1
-『美少女戦士 セーラームーン』からの考察 -
*武藤 祐子小出 治都子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
PDFをダウンロード (1158K) 発行機関連絡先
抄録

目的 髪型が人物の印象に与える影響は少なくない。このことは、マンガの世界においても例外ではなく、登場人物の髪の長さや色が、キャラクターの個性を表すものとして重要な意味を持つことがある。本研究では、特徴的な髪型をしたマンガキャラクターの例として「美少女戦士 セーラームーン」に着目し、美容の技巧・文化的な視点から髪型とキャラクター設定との関係性を考察した。

方法 1992年に連載が始まったマンガ『美少女戦士 セーラームーン』の文献資料を基に、主人公セーラームーン(=月野うさぎ)の頭部を5セクション(フロント、サイド、トップ、バック、ネープ)に分類し、各セクションのスタイル構成の分析を行った。

結果 髪型の構成を分析した結果、各セクションに、戦士を連想させるアクティブ要素やプリンセスを連想させるエレガント要素などの、キャラクター設定と共通する印象を与える要素がスタイルとして採用されていることが分かった。また、セーラームーンのベースの髪型である「ツインテール」は、主人公の「少女」表象に附与し、更に、このベースの髪型の長さ、色、形状の変容により、物語の中の時代、その時々のキャラクターの役割、心情を表現していることが分かった。これらのことから、キャラクター設定時の髪型がその後の物語の展開に影響する可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本家政学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top