風工学シンポジウム論文集
第23回 風工学シンポジウム論文集
会議情報

一体型地上気象観測機器(CWS)の風計測性能評価
*吉田 大紀林 泰一伊藤 芳樹林 夕路小松 亮介寺地 雄輔太田 行俊田村 直美橋波 伸治渡邉 好弘
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 379-

詳細
PDFをダウンロード (1154K) 発行機関連絡先
抄録

異なる5機種の一体型気象センサー(Compact Weather Sensor、以下CWS)について、動作特性を確認するため、風洞実験と2か月間の野外比較観測を実施した。風洞実験では、1秒毎に収録したCWSからの出力とピトー管で計測した風洞の風速について、約1分間のデータについて平均と標準偏差の算出を行い、比較した。2つの機種で支柱の位置と対応した対称な風向風速特性が見られた。野外観測では、CWSと一般地上気象観測測器の同時観測を行い、10分平均値について相互比較を行った。明らかに不調となった1つの機種を除き、どのCWSもほとんどの観測要素について、基準値と良く一致し、機器仕様の範囲内で動作した。

著者関連情報
© 2014  風工学シンポジウム運営委員会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top