日本健康教育学会誌
Online ISSN : 1884-5053
Print ISSN : 1340-2560
特別報告
学校における食育の評価はどうあるべきか
福岡 景奈赤松 利恵
著者情報
キーワード: 食育, 評価, 学校
ジャーナル フリー

22 巻 (2014) 3 号 p. 260-263

詳細
PDFをダウンロード (1264K) 発行機関連絡先
抄録

背景:平成25年度日本健康教育学会栄養教育研究会は,「学校における食育の評価~学校における学習評価と健康教育・ヘルスプロモーションの評価は何が同じで何が違うのか~」と題した公開学習会を開催した.学習会の前半では,学校教育と健康教育・ヘルスプロモーションという異なる立場の評価について学び,後半では参加者とのディスカッションを行った.本稿では,学習会後半に実施されたディスカッションの概要および参加者アンケートの概要を報告する.
内容:ディスカッションは2部構成であった.まず,12のグループにわかれたディスカッションでは,様々な職種・領域の参加者による議論が行われた.ディスカッションのポイントは2つあり,1つは前半で聞いた異なる2つの立場の評価の共通点と相違点であり,もう1つは食育の評価のあり方であった.その後,総合討論で,各グループからの意見発表と演者を交えた意見交換が行われた.
結論:本学習会では,学校における食育の評価のあり方を示すまで議論は至らなかった.しかしながら,本学習会により,学校教育と健康教育・ヘルスプロモーションの評価について,共通点と相違点が整理され,今後やるべき課題が見えてきた.今後の学校における食育の評価のあり方の提案に向けて,さらに,学習と議論を重ねていきたい.

著者関連情報
© 2014 日本健康教育学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top