日本健康医学会雑誌
Online ISSN : 2423-9828
Print ISSN : 1343-0025
原著
医療処置を受ける幼児に使用するオノマトペのテキストマイニング分析
—小児看護学実習前後における看護学生のことばの変化—
石舘 美弥子山下 麻実いとう たけひこ
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 26 巻 4 号 p. 204-211

詳細
抄録

わが国の小児病棟では看護師が幼児に対して頻繁に用いることばにオノマトペがある。先行研究では,オノマトペの臨場感ある描写力が幼児にわかりやすく伝えるための重要な要素となること,オノマトペを中心とした文レベルの構造的特徴について報告している。看護師がこれらのオノマトペをどのように習得しているのかを明らかにするため,本研究では,実習を経験する看護学生が医療処置を受ける幼児にどのようなことばかけをするのか,小児看護学実習前後で違いがみられるのかについて調査した。看護学生154名を対象に,質問紙調査を行い,医療処置を受ける幼児へのことばかけを小児看護学実習前後で比較検討した。テキストマイニングソフトウエアを用いて特徴語分析を行った結果,小児看護学実習前は「まっすぐ」「出してほしい」「絆創膏」など成人語がみられたのに対し,小児看護学実習後は「ピーン」「チックン」「マキマキ」「ペッタン」などオノマトペが特徴的にみられた。実習後の方にオノマトペとの強い関係性が示されており,実習前後では言語的対応に差が認められた。看護学生は実習を通して,オノマトペを用いたことばを多用し,子どもに必要なことばかけを修得していることが示唆された。

著者関連情報
© 2018 日本健康医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top