日本機械学会論文集 C編
Online ISSN : 1884-8354
Print ISSN : 0387-5024
立体の簡略表現とその構成に関する考察
古川 進石塚 譲二小畑 庄三
著者情報
ジャーナル フリー

1985 年 51 巻 461 号 p. 207-215

詳細
抄録

本論文においては,幾何モデルの新しい考え方として立体の簡略表現の概念を提案し,その構成について考察している.また二次記憶での記憶に際しては冗長度をなくした最も基本的な情報のみとするデータの圧縮記憶の方法およびデータ構造の自動生成アルゴリズムについて考察している.さらに,本簡略構造が実際に利用されるときにはどうのような効果が得られるかについて考察している.

著者関連情報
© 社団法人日本機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top