北関東医学
Online ISSN : 1881-1191
Print ISSN : 1343-2826
原著
人工妊娠中絶を受ける女性の援助不安と心のケアに関する研究
國清 恭子水野 治久渡辺 尚常盤 洋子
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 56 巻 4 号 p. 303-312

詳細
抄録

【目 的】 中絶を受ける女性の援助不安の実態を明らかにし, 中絶を受ける女性の心のケアのあり方を検討する資料を得ることを目的として調査を行った. 【対象と方法】 調査期間は平成15年9月~平成16年1月. 15施設において中絶を受ける女性に無記名式自記式質問紙調査を実施し, 中絶前後で同一対象者によって回答が得られた100例を分析対象とした. 調査内容は, 援助不安, 被援助志向性, もらったソーシャルサポート, 自尊感情であった. 【結 果】 医師, 看護師への呼応性, 汚名への心配が強い場合, もらったソーシャルサポートの量が少ないことが明らかになった. また, 「呼応性への心配」, 「汚名への心配」, 「被援助志向性」がもらったソーシャルサポートを規定する要因として抽出された. 【結 論】 中絶を受ける女性が医師や看護師からのサポートを受け易い状況を作り出すためには, 呼応性および汚名への心配の軽減を図るとともに, 被援助志向性を高めることが必要である.

著者関連情報
© 2006 北関東医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top