J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

北関東医学
Vol. 64 (2014) No. 2 p. 177-182

記事言語:

http://doi.org/10.2974/kmj.64.177

症例報告

86歳男性. 糖尿病, 慢性心不全のため近医通院していた. 貧血進行, 腫瘍マーカー上昇のため精査したところ高度の狭窄を伴うS状結腸癌と診断され当科入院した. 入院時は身長 155cm, 体重57kg (BMI 23.7), 腹囲 89cm, 空腹時血糖値302mg/dl, HbA1c 8.4% (NGSP) と肥満及びコントロール不良の糖尿病を認めた. 血糖コントロールのため術前より江部らが提唱する糖質制限を応用し, S状結腸切除術を施行した. 術後経過は良好で術後15日目に退院した. 糖質制限を自宅でも継続し術後37病日には体重50kg (BMI 20.8), 腹囲78cm, 空腹時血糖値100mg/dl, HbA1c 6.1% (NGSP) まで改善した. 術前より糖質制限を食事療法だけでなく輸液管理にも応用し, 2ヶ月という短期間で糖尿病を改善せしめた貴重な症例と考え報告する.

Copyright © 2014 北関東医学会

記事ツール

この記事を共有