高知リハビリテーション学院紀要
Online ISSN : 2433-4553
Print ISSN : 1345-5648
固定用ベルトを装着したハンドヘルドダイナモメーターによる等尺性膝伸展筋力の測定
異なる座位姿勢間における再現性の検討
栗山 裕司山﨑 裕司坂上 昇酒井 寿美大倉 三洋山本 双一中屋 久長
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2003 年 4 巻 p. 1-6

詳細
抄録

固定用ベルトを装着したハンドヘルドダイナモメーター(HHD)による等尺性膝伸展筋力測定方法の座位姿勢間再現性について,健常者20名を対象に検討した.測定は,プラットホーム端座位,車椅子座位,介護用ベッド端座位,背もたれ付きパイプ椅子座位の4つの異なる座位にて実施した.異なる座位姿勢における等尺性膝伸展筋力測定値に関して,パイプ椅子座位は,プラットホーム端座位,介護用ベッド端座位および車椅子座位との比較において有意に低値を示した.また,各座位姿勢間の級内相関係数は,プラットホーム端座位と車椅子座位間およびプラットホーム端座位と介護用ベッド端座位間で高値を示し,良好な座位姿勢間再現性を示した.一方,パイプ椅子座位と他の座位姿勢間では,低値を示した.今回の結果から固定用ベルトを装着したHHDによる等尺性膝伸展筋力測定に際し,パイプ椅子座位での測定は避けるべきであるが,介護用ベッドや車椅子での測定が可能で,病棟や在宅など広い範囲での使用も可能なことが示唆された.

著者関連情報
© 2003 高知リハビリテーション学院
次の記事
feedback
Top