交通科学
Online ISSN : 2435-2365
Print ISSN : 0288-1985
空間要素が左折後加速度に与える影響に関する研究 ~交差点隅切半径に着目して~
橋本 成仁藤原 勇輝海野 遥香
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2021 年 51 巻 1 号 p. 3-9

詳細
抄録

交差点隅切半径の縮小により,左折中や左折直後の走行速度抑制が期待されている.一方で,その後の加速度を抑制できる空間構成を明らかにする必要がある.そこで本研究では,岡山市内15か所において左折後街路における自動車加速度を計測し,街路や交差点における空間要素との関係を明らかにした.その結果,加速度は様々な空間要素によって決定されており,空間要素の改良により抑制できることが示唆された.また,交差点隅切半径の縮小による効果が明らかになった.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 交通科学研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top