交通科学
Online ISSN : 2435-2365
Print ISSN : 0288-1985
道路網の信頼度計算の近似解法の必要性 ~リンク重要度判定の観点から~
長江 貴弘若林 拓史
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2021 年 51 巻 1 号 p. 36-46

詳細
抄録

国土の強靱化には,高信頼度の道路網が必要である.本研究の目的は,大規模道路網でのリンク重要度判定に必要となる,効率的な計算方法の提案である.道路網の拡大は計算量・時間を指数的に増加させるが,計算機の高性能化でも「組み合わせ爆発」は本質的に解決不能であるため,依然として計算量の削減が必要である.そこでパス数を削減する近似解法(部分パスセット選択)を提案する.今回新たに,道路網の規模毎の計算時間を計り,またパス数以外に計算時間に影響を与えている項目がないか調査することで,近似解法の有用性を検証する.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 交通科学研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top