交通科学
Online ISSN : 2435-2365
Print ISSN : 0288-1985
調査データでみるCOVID-19による移動需要の変容
岡本 俊哉
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2021 年 52 巻 2 号 p. 13-20

詳細
抄録

COVID-19は,単に我々の身体的健康を脅かすにとどまらず,社会そのものの仕組み・あり方にまで影響を及ぼしている.集積による効率化を前提としたまちづくり,交通サービスは,「新しい生活様式/ニューノーマル」が掲げる暮らし方,あるいは我々自身の自衛意識により,特に「移動」「交通」の様式を大きく変容させつつあるかもしれない.発生から2年,各機関により数多の調査が実施され,その結果は多くのメディアを通じて公表されている.ポスト・コロナの姿を描くため,我々は引き続き行動や意識の変化を調査によって観察し続ける.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 交通科学研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top