国語科教育
Online ISSN : 2189-9533
Print ISSN : 0287-0479
II 研究論文
国語科教師の「思考様式の形成史」への着目――「ゲシュタルト形成に関わる成長史」の段階を取り上げて――
若木 常佳
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 81 巻 p. 32-40

詳細
抄録

教師は,自分の内なる自己(「ゲシュタルト」)を教師にとって望ましい形で育成する必要がある。この目的のために,教師を養成し指導する機関はどうすればよいのか? この課題に対し,自己の内面を教師として望ましい姿に育て続けているY氏を対象として,Y氏の内面に構築された「思考様式」の形成過程を追究した。その結果,教師の養成と指導に3つの手掛かりを得た。1点めは,指導技術と教育観についての学修の順序に関すること,2点めは,教師(教師になろうとする者も含む)と教師教育者の両者が「ゲシュタルト形成に関わる成長史」について理解すること,3点めは,他者との関わりも含め,学修内容の相対化を意識させることである。

著者関連情報
© 2017 全国大学国語教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top