国語科教育
Online ISSN : 2189-9533
Print ISSN : 0287-0479
Ⅲ 実践論文
ICTを活用した作文ワークショップの実践――1人1台のChromebookが使用可能な中学1年生を対象として――
髙井 太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 84 巻 p. 49-57

詳細
抄録

近年、日本に「作文ワークショップ」という指導方法が導入された。この方法は実践で成果をあげつつも、「学習者の把握の難しさ」「学習者同士の交流を活性化させる手立て」「個の学習者への教師の指導の充実」「推敲の頻度の維持と書き直しの負荷の軽減」という課題が提出されている。本研究では実践上の課題を克服するために、ICTを活用した「作文ワークショップ」という方法を構想した。そして、1人1台のChromebookが使用可能な中学1年生を対象に調査実践を行った。効果を検討するために「実践の経過」と「アンケートの結果」を記述し、考察した。結果、ICTを活用した「作文ワークショップ」は課題を克服する視点を備えた方法であるとわかった。

著者関連情報
© 2018 全国大学国語教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top