呼吸理学療法学
Online ISSN : 2436-7966
活動報告
呼吸障害に対する理学療法アウトカム評価法の文献調査─日本版理学療法ガイドライン第2版の検証─
関川 清一瀬崎 学馬屋原 康高椿 淳裕對東 俊介沖 侑大郎高橋 祐介阿部 夏音岩崎 円寺澤 知哲佐々木 康介
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 1 巻 p. 33-47

詳細
抄録

【目的】呼吸障害理学療法ガイドラインに導入されている論文の呼吸理学療法各領域のアウトカム評価法をまとめる。【方法】理学療法診療ガイドライン第2版の呼吸障害理学療法ガイドライン作成作業における2次スクリーニングに採用された論文を対象とした。各領域の各クリニカルクエスチョンの構成要素であるアウトカムリストに基づき,全文論文精読により呼吸理学療法評価項目を抽出した。【結論】概ね国内での研究等で使用されている評価法と重なる項目が多かった半面,本邦で使用されていない評価法に重点が置かれている論文なども散見された。呼吸障害理学療法ガイドラインの活用ならびに,本ガイドラインに基づいた国際的に汎用される評価法を把握し活用していくことは,本邦における呼吸理学療法アウトカム標準化の更なる構築において肝要である。

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本呼吸理学療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top